広告

大人ニキビの治療

大人ニキビの治療

大人ニキビの治療といえば、やはり皮膚科での治療が最も早い気がしますよね。専門の医師に見てもらい、適切な治療をしてもらう。安心感があります。

ただ、治療をゆだねるのですから、あなたが心から信頼できる医師とめぐり合うことが大切です。医師も得意分野がありますから、水虫に得意な医師の下で治療を続けるより、ニキビに得意な医師の下へ通う方が良いですよね。

ニキビの治療を得意とする医師が、あなたの地域にいるかどうかは分かりませんが、私の友人は二年かけてようやくめぐり合えたようです。

治療は継続して行わなければなりませんので、近場である事に越したことは無いのでしょうが、そうはいかず、二時間近くかけて通院する人もいます。

しかし大人ニキビの治療は、その原因さえ分かってしまえば、案外自分で対処することも簡単なのですよ。

ニキビは肌に出来るもの。その肌自体が結構わがままですよね。これは良いけどあれはお断り!と言われ、スキンケア選びひとつ困っていることでしょう。

そのような中、自分で治療するなど医師ではないから無理だと感じる方もいらっしゃるでしょうが、要するに「肌の欲しがるもの」を知り、「肌が望む方法を続ける事」で、悩みから解放される事は多いのです。

大人ニキビの治療というと大げさですが、要するに焦点がピタリと合ったケアを行うだけで、良いという事になります。

あなたがいつまでも、他人や化粧品に頼りきりたいのであれば別ですが、そうではなく根本的に肌を改善したいのであれば、立ち上がる必要があるのかもしれません。

オロナインでニキビ

オロナインは、ニキビもしっかりと、効能・効果のところに記載されています。CMでもお馴染みですよね。

口コミを見てみると、オロナインが効いたという人、また効かなかったという人に分かれます。有効成分のクロルヘキシジングルコン酸塩液は、殺菌効果があるもののようです。

ただ、オロナインの使い方で気になる点が一つ。「鼻パックをすると、角栓が取れる!」「化粧下地に使ってます」というものです。

自己乳化型ステアリン酸グリセリルが添加物として配合されています。これは、要するに合成界面活性剤です。

オロナインは医薬品。使い方を間違えると、思っても見ない皮膚トラブルに見舞われることもあります。もちろん、副作用だって無いとは言えないのです。

オロナインのように、薬として販売されているものは特に、使用方法を正しく守る必要があります。イレギュラーな使い方をするのですから、何かあっても自己責任ということになりますよ。

オロナインは、首から上の皮膚に塗るものではないという皮膚科医もいるそうです。顔部分は、とても大切なパーツなのですから、安易な口コミに踊らされないよう注意しましょう。

あなたがどうしてもニキビを完治させたいのであれば、オロナインに頼る前に、もっとやらなければならないことがあります。肌荒れは、貴方の体のメッセージです。何かが歪んでいるのだと捉え、その歪みを正すことが先決だといえるでしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする