広告

フェイスパックはいろいろなタイプのものが 発売されています

フェイスパックはいろいろなタイプのものが発売されています

肌ケアで有効な方法として、フェイスパックがあります。

一概にフェイスパックと言っても、その効果は様々です。美白、保湿、エイジングケア。自分の肌に必要な用途で選ぶのがよいですね。

最近話題になっているものでは、CO2フェイスパック(酵素パック)などもあります。他にも色々なタイプのフェイスパックがあり、シートタイプ、ゲルタイプ、泡タイプ、などがあります。

CO2フェイスパックは、二酸化炭素の特性をいかし、炭酸ガスを封入していることにより、肉眼では見えない、肌の老廃物や色素沈着の原因となるメラミンの排出を促してくれます。

用途と予算に応じて選びましょう

もう1つ、お金を掛けない方法としては、コットンを利用したものがあります。家にあるコットンに化粧水を染み込ませて、肌全体に乗せて、パックと同じように時間を置いて、化粧水成分を肌に浸透させてあげるのです。

様々な方法のフェイスパックですが、自分の興味と用途と予算に合わせて上手に選んでいきましょう。肌荒れ、ニキビなどには使用する化粧水などによっても、その効果に歴然の差が出るようですよ。フェイスパックはしっかりと知識を取り入れてから実行する事が必須ですね。

泡洗顔の洗い方

泡洗顔の洗い方には、どのようなことに注意したらよいのでしょうか。

洗い方は1日2回、朝と夜が基本です。ニキビを気にして、日に何度も泡洗顔するのは肌に逆効果です。

洗い方が悪いと弱くなってきた肌がさらに荒れてしまいます。泡洗顔により必要な皮脂をとってしまうことで、かえって油分がそれを補おうと、通常よりも多く分泌されてしまいます。

脂性の人の場合、夏場など汗をかく量が多い際には、昼に水洗顔を取り入れると良いですよ。但し、その際は石鹸などを用いない事。肌の水分油分バランスが崩れてしまうからです。

ポイントは、洗顔の前に髪の毛が顔にかからないよう、ピンやゴムで必ずとめることです。少しでもかかるようならきちんとめておきましょう。

これは、髪の毛が顔にかかっている場合、洗顔料がよく落とせずに肌に残ってしまいがちだからです。正しい洗い方の基本ですね。

泡洗顔の洗い方によっては肌を痛めることもあります

また洗い方以外にも、洗顔料の選び方で肌状態が左右される事があります。

泡洗顔の洗い方・選び方によっては、ニキビの状態がよくなったり悪くなったりします。洗顔は毎日行うもの。正しい知識を取り入れて、ベストな方法を実行していかなければ、いつまでもキレイな肌は手に入れられないですよ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする