広告

プラチナミストで保湿

プラチナミストで保湿

肌の保湿を求めるのなら、プラチナミストも効果的です。本当に科学は進歩しました。昔の女性が聞いたら、魔法のようだと思うでしょうね。

プラチナミストは、プラチナ粒子の水分が、まず毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除きます。その後水分と美容液を浸透させてふっくらとした肌へと導きます。

プラチナミストは、粒子をナノ化し、スチームと共に噴射します。その粒子が活性酸素や汚れ、黒ずみを取り除き、洗浄します。それにより、肌の老化を防ぎ、毛穴を引き締め、脂肌対策にも役立つのです。

にきびの原因である肌の脂を除去し、毛穴を活性化することで、にきびの出来にくい肌にも導いてくれるのです。

プラチナミストの形状は、卓上タイプのものだけでなく、持ち運べる種類のものもあり、外出先で使用することも出来ます。

プラチナミストは毛穴を活性化し水分が浸透しやすい状態にしてくれるので保湿に効果的です

また、お化粧の上からプラチナミストを噴射することが出来るので、化粧直しの時や、オフィスで乾燥したときの保湿などに瞬間で潤う事が出来ます。肌だけでなく、ボディや髪にも使用出来るのも嬉しいポイントです。

保湿だけでなく、肌のあらゆる悩みに対して、プラチナミストが解決の糸口になってくれそうですね。お財布に余裕がある方は、一度試してみるのも良いかもしれません。ナノ化した金属を体内に取り入れるのはちょっと、という方も、正しいケアを行えばすぐに美肌はゲットできますから、心配は不要ですよ。

泡洗顔をやめると美肌?

泡洗顔をやめるだけで本当に美肌になるのでしょうか。これまでのケアの方向とは異なるので、その真価は疑問があります。

「やめると美肌」本がテレビでも取り上げられていました。これまで良いとされてきた洗顔法が、実はよくなかったということが強調されています。

このやめると美肌になるというのは、石鹸や洗顔フォームの使い方を間違えると、皮脂を取り過ぎてしまったり、角質層のダメージを招いたりすることを警告しているのです。

泡洗顔をやめることで美肌になる理由は、角質層をその間育てる事になるからです。薄くなった角質を、さらに洗顔で取り去る行為がお休みされるからですね。その後の化粧水や美容液などの効果も角質培養が終われば、効果が発揮されやすくなります。

悪循環の中で、乾燥肌になると肌はますます乾燥してしまい、脂性肌の場合には不足する油分を補おうとますます油っぽくなってしまいます。

「やめると美肌」本の著者は、ダブル洗顔がよくないので止めて、クレンジングミルクだけを使いケアすることをすすめています。

ポイントは、クレンジングの後の泡洗顔はやめて、水分と油分を十分に補うことです。美肌になるためには、泡洗顔をやめるだけでなく油分と水分のバランスに気をつけましょう。

泡洗顔をやめると美肌になるというのは本当でしょうか

泡洗顔をやめることは、美肌にもつながります。水分と油分のバランスを整えて、肌バリアのある弾力のある肌に改善していきましょう。ただし、ニキビ肌は一人ひとりケア方法が異なりますから、スキンケアのアドバイスをいつでも受けられる環境にあるとベストだといえますね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする