広告

保湿ファンデーション

保湿ファンデーション

実は今保湿できるファンデーションが人気なんです。毎日の化粧中にも保湿が出来るとしたら言うことなし、ですよね。

朝メイクをして夜まで、化粧をしている時間は長いですよね。その間にファンデーションが、スキンケアをしてくれたら!と願う女性は多いでしょう。

それを叶えてくれるのが、美容液ファンデーションです。美容液配合で保湿力、潤いが続き、くすみもありません。カバー力があるので、化粧崩れもしにくく、女性には嬉しい機能満載です。

美容液ファンデーションの種類には、リキッドタイプ、オールインワンタイプ、パウダータイプ、ミネラルタイプなど様々です。

オールインワンタイプは、ファンデーションの中に日焼け止めや化粧下地も含まれているので、保湿して潤いをキープするのみならず、毎日の化粧の時間もカットできて、よいこと尽くしですよね。

美容液配合のファンデーションでメイクしながらスキンケア

パウダータイプは乾燥しがちと思いがちですが、とてもクリーミーなものもあります。リキッドと違い、肌へのフィット感も軽いのがまた嬉しい所でしょう。

メイクしながら保湿できるなんて、なんて女性の悩みを追及しているファンデーションなんでしょう。これなら、毎日のお化粧ももっともっと楽しくなりそうです。

ただし、あまりにも栄養過多なファンデーションを使用していると、ニキビが増えるなどのトラブルも起こりがちです。ニキビ肌にはニキビ肌に合う化粧をしたいものですね。正しいスキンケアは正しいメイク選びから始まりますよ。

泡洗顔とメイク

泡洗顔でメイクを落とすときは、きめ細かい気泡を十分に立てることが重要なポイントです。

最近では、クレンジング不要のメイク用品も人気が高まっていますね。MMUといわれる、ミネラルメイクアップファンデーションなどがそれに当たります。

メイクを落とさなくても良いという売りです。もちろん、そんな事を続けていては絶対に肌トラブルに見舞われるでしょうが、肌に優しいことは分かります。

特にベースメイク用品は、その殆どにシリコンが配合されています。皮脂や汗に強くするためですね。でも、これ、肌に悪さをしがちなんです。

泡洗顔でメイクを落とす際に気を付けたいこと

また、シリコンを落とすにはシリコンでなければ落とせないとか。つまりシリコンが配合されたクレンジングを使用する必要が出てきますが、これがなかなか洗浄力が強いものが多いんです。

メイクを落としやすいものにすれば、負担をかけずに泡洗顔などでオフする事ができますので、その分肌に優しいこととなりますよね。

泡洗顔でメイクを落とすならば、そのように成分が良好なファンデーション選びも必要となってくるでしょう。特にニキビの元となる成分って、メイクに限らず世の中には溢れかえっていますので、避けた方が良い成分などをしっかり勉強する事は必須だと思います。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする