広告

保湿入浴剤

保湿入浴剤

体全体の保湿としては、保湿入浴剤を活用するのがよいでしょう。

保湿入浴剤は色々なメーカーで各々効能が違っています。保湿を中心に、角質除去、冷え性改善や乾燥肌対策。また、アトピーに効果的なものもあり、用途も様々です。

保湿入浴剤は、皮膚の汚れを落とし、保湿成分を浸透させ、そして皮膚の表面にバリアをして、肌を守ってくれます。乾燥肌やアトピーにもこの効果が有効的なのです。

ただ、気をつけないといけないのは、入浴温度です。せっかく保湿入浴剤を使っていても熱めのお湯に長時間入っていると、水分が逃げ出して余計乾燥させてしまいます。一般的に38度~42度が適温と言われています。ぬる目のお湯に入るのが効果的です。

保湿入浴剤を取り入れて入浴による乾燥から身体を守りましょう

また、顔も肌も同じですが、あんまりごしごし洗うと汚れだけでなく、皮膚を傷つけてしまい、保湿入浴剤の成分の浸透を妨げ、乾燥も悪化させてしまいます。大目の泡でやさしく洗うだけでも十分な効果は得られます。

大人のにきびは乾燥肌も原因のひとつです。乾燥し、毛穴の開いた肌には、汚れも溜まり易く、炎症を起こしたりします。それがにきびになるのです。

美しい肌を保持する為にも、保湿入浴剤を上手に、正しい方法で使っていきましょう。また、より美肌を低入れるための正しい入浴方法を、合わせて実行する事をおすすめします。保湿入浴剤をうまく取り入れてバスタイムを有効に使ってくださいね。

泡洗顔の注意

泡洗顔で注意すべき点は、ニキビができている敏感肌の方の場合、洗顔を決しておろそかにしないことです。

注意したいのは、指での洗顔です。ニキビ肌の方ほど、間違った洗顔方法を行いがちです。

例えば、ニキビの芯を押し出すように、指で強く圧力を加えたり、擦り取るようにして表面を撫で回したりするような洗い方は炎症を悪化させることにつながります。

ですから、まず注意すべきなのは、指で直接ニキビに触れないようにすること。慣れると簡単ですから、まずは泡洗顔時にしっかり泡を立てることから練習していきましょう。

注意すべきことを守り泡洗顔で健康な肌を取り戻しましょう

またそのほかの注意点は、洗顔時間、水の温度、すすぎ時間、タオルです。特にニキビ肌の方は気をつけてください。

泡洗顔のときはなるべく泡の塗布時間を短縮するため、予備洗いを十分に行い、蒸しタオルで蒸すなどして毛穴を充分に開いておくことが必要です。この注意点を意識するだけで、随分洗顔効果が上がるのですよ。

そしてポイントは、予備洗い以上にすすぎには時間をかけることです。ぬるま湯の流れる勢いを利用して、注意深くすすいでいくようにしましょう。

タオルにも心を配りたいものです。ガサガサしたタオルはもちろんNG。二キビを不注意で潰してしまう事になりかねません。

泡洗顔での注意をしっかり守り、ニキビに負けない健康な肌を取り戻しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする