広告

食事で保湿

普段の食事の中でビタミン類をしっかり摂取して身体の中から保湿しましょう

肌に直接保湿成分を与えるだけでなく、食事により、中から保湿していくのも効果的です。

食事によって得る事が出来る栄養素の中でも、乾燥肌にはビタミンA、B、C、Eなどのビタミンが不可欠です。

まず、ビタミンA。食事でしっかり摂取したいものです。肌の新陳代謝を助け、潤いを保ち、活性化させてくれます。鯖やいわしなどの青魚、にんじんや小松菜などの緑黄色野菜、わかめなどの海藻類に多く含まれています。

ビタミンBは新陳代謝の活性化、抗炎症作用などがあります。加熱に弱いので、食事で摂る場合は納豆などが効果的です。豚肉、レバー、卵、大豆にも多く含まれます。

ビタミンCは、食事でしたらサラダをよく食べるよう意識しましょう加熱と水に弱いので、さっと洗って新鮮なうちに体内へ!よく知られているように、果物や野菜に多く含まれています。

ビタミンEは血液の循環をよくしてくれます。かぼちゃや大豆、ゴマやアーモンドに含まれます。ただ、ごまやアーモンドは脂肪分も多いので食事でとる際は、気をつけたほうがよいでしょう。にきびの原因にもなります。

どのような栄養素がどう働くのか把握しておくことも大切です

肌荒れの悩みによっては、特に摂取したい食事というものもあります。特にニキビ肌などには有効な食材もありますので、一度正しい知識をしっかりと取り入れることをおすすめします。

食事の内容を見直すだけで、より効果的な保湿ができるので、一度見直してみるといいかもしれませんね。覚えるポイントは、「ビタミンエース!」そう。ビタミンACE(エース)です!Bも仲間に加えてあげましょう。

洗顔泡立てネット

洗顔泡立てネットはニキビ予防に役立つのでしょうか。どのような点が適しているのでしょうか。

まず、そのきめ細かさはいうまでもありません。もちろん、洗顔泡立てネットを使用せずに手で練ったほうが良いのですが、結構難しいんですよね。

洗顔泡立てネットは、100円ショップのもので充分ですから、まずはしっかりとした気泡を立てることを目標に利用すると良いですね。

ただ、洗顔泡立てネットを使わなくても、生クリームのような泡がたつ商品があります。これは成分表をしっかりチェックし、変な成分が配合されていないかチェックしてくださいね。

使用感を高めるための成分の中には、ニキビや敏感肌へ導くような肌に余り良くないとされるものもあります。

もちろん、使ってすぐにどうこうという事はありませんが、洗顔泡立てネット不使用にも関わらず、簡単にふわふわと出来上がるものは注意してくださいね。

洗顔泡立てネットを利用してしっかりとした良質な泡を作りましょう

洗顔泡立てネットは、割とすぐに破れてしまいますので、そうなったら買い買えを決心しましょう。歯ブラシと同じです。網部分が破れることで雑な気泡が出来てしまう恐れもあります。

まずは、トラブル肌を改善するためにも洗顔泡立てネットで良質の泡を作り、正しい手順と動作で毛穴の汚れを効果的に取り除いてください。いくら良いあわが出来ても、手順と手の動きが間違っていたら、効果は半減します。注意してくださいね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする