広告

仙台の皮膚科(にきび)について

仙台の皮膚科(にきび)について

仙台にも、にきびに詳しい皮膚科はたくさんあるようです。

「にきび 皮膚科 仙台」で検索すると、非常に多くの情報を目にする事が出来ますね。 まさに、生の声とでもいうべき口コミも、多数閲覧することが出来ます。

その中に「人生を邪魔しているのはこのにきび」という声を見つけました。 的確な言い回しですよね。本当に、これさえ無ければと思っている人は、 仙台のみならず全国中にいるでしょう。

仙台のとある皮膚科で非常に嫌な思いをなさった方が「これだから地方はだめだ」 という内容の投稿もなさっていました。

しかし、果たしてそうなのでしょうか?絶対に名医はいるはずです。 ただ、その名医に出会う迄が困難なのですね。

仙台に限らず皮膚科でにきび治療に詳しい病院は探せばあるのですから、 諦めない事が大切ではないかなと思います。

もちろん見つかるまでの間は、自己流のケアなどせずに、正しいスキンケアと生活で 「にきびのくせがついてしまった肌」とお別れする事も必要です。

仙台でにきびの皮膚科の名医を探す

放っておくと、炎症を起こしたり跡になってしまいますから気をつけましょう。

白にきび

にきびは、いくつかの種類に分けられます。赤・白・黄・黒が代表的です。 その炎症度合いによって対策も変わってきますので、自分のニキビタイプを知る事は基本ですよ。

にきびの炎症段階としては、白⇒赤⇒記⇒黒の順となります。

その中でも最も初期の段階「白にきび」は、閉鎖面皰といい、 閉じた毛穴の中に角質や皮脂が溜まって膨らんでしまった状態を指します。

もしもこれを放っておいたり、逆に気になって潰してしまったりすると炎症をおこしてしまい、 面倒な事になりますので正しいケアが必要です。

このタイプのにきびは、汚れが毛穴に詰まる事が原因です。 ほこりやメイクが顔に付着しているのに、適切に洗浄出来ていないと、毛穴にそれらが蓄積していきます。 毎日の正しいお手入れが必要だというのは、まさにこのような理由からなのです。

蓄積した汚れがにきびに変わってしまうのは、 皮脂と混ざり合った毛穴の中にアクネ菌などの雑菌が入り込む事によるもの。 赤く炎症を起こしてしまうと面倒です。今すぐ正しいケアをしましょう。

毛穴の中に角質や皮脂が詰まる白にきび

またホルモンの変化や生活習慣の間違いも、にきびが出来る原因になるようです。 生活を見直す必要があるのですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする