東京の皮膚科(にきび)について

東京の皮膚科(にきび)について

にきびを有効に治療してくれる皮膚科として、東京で有名な医院がいくつかありますよね。 どこも予約が一杯で、まず通院するのが困難だと聞きます。

どうしても自宅ケアや地元の皮膚科で改善が見られ無いという理由で、上京する人もいるようです。 その位有名なようですし、東京という場所柄、芸能人やその卵たちも多く通っていると言われます。

東京の有名な皮膚科と、地元の皮膚科では一体何が違うのでしょう。

まず、処方する薬や使用する機器に大差はないと思うのです。 もちろん最先端のものを駆使し、高度な技術と確かな目で施術を行うのでしょうし、 保険適用外の方法も使いながら改善してくれると聞いた事もあります。

しかし、おそらく東京の有名な医院と地方の一般的な医院が根本的に違うのは「正しいスキンケア方法と、 改めるべき生活習慣」をしっかりと指導しているかいないか、という点ではないでしょうか。

東京の有名なにきび医院と地方の違い

にきびは、皮膚科の間では「皮膚の病気である」という認識ですから、 病気にかからない様な体力のある肌を目指すような皮膚科医が、東京には集まっているということなのでしょう。

その方法さえ知る事が出来れば、もう皮膚科とは縁が切れそうですよね。

鼻にきび

にきびと言えば、ぽっこりと盛り上がった赤いにきびを一番にイメージしますね。 もしくは膿を持ったものもあります。ですが、盛り上がったものだけを「にきび」と呼ぶのではないようです。

最近「イチゴ鼻」という言葉が溢れていますね。 そう、鼻の毛穴に詰まった黒い汚れ(?)見た目がイチゴの種みたいだから、そのような呼び名になったのでしょう。

ですが、これも「にきび」なんですよ。イチゴという名称が付いていても、ちっとも可愛くないですよね。 実は、これは毛穴の中に溜まった皮脂と汚れが固まって出来た角栓の頭が、酸化して黒ずんでいる状態なのです。

放っておくと、炎症を起こしてにきびが盛り上がってきます。 そこで初めて「あ、ケアしなきゃ!!」となるのです。

どうすれば良いかというと、まずは指などで無理に絞り出さない事。 毛穴が広がってしまい、更に汚れが溜まりやすくなります。シートパックも、お勧めしない専門家が多い

角栓が黒ずむ鼻にきび

鼻のにきびは、赤くなってしまうとトナカイみたいですから、外を歩くのも恥ずかしいです。 一番皮脂分泌が多い部位で、しかも紫外線に当たりやすい個所ですから、 適切なスキンケアを日ごろから行う事が予防の第一歩になるでしょう。

広告