広告

ベビーオイルと乾燥肌

ベビーオイルと乾燥肌

乾燥肌の対策に、ベビーオイルを使っている人はいませんか。確かに、赤ちゃんに使えるものなので肌に良いイメージはあります。

しかし、ベビーオイルは通常使われている、保湿オイルと成分が異なっていますし、用途も違うので注意しましょう。

ベビーオイルは、赤ちゃんの肌を尿などの雑菌から守る役目をしています。つまり外部からの敵をシャットアウトするバリアの役割なのです。

保湿効果はベビーオイル自体にはなく、お肌に浸透してニキビや乾燥肌などに、良い効果をもたらすことはありません。

乾燥肌を治すためにベビーオイルを使っても効果は期待できません

マッサージをする時に使う油や、パックの代用として使う人もいますが、やはり専用の保湿クリームなどを使い、正しいケアを覚え実行する事が重要です。

ベビーオイルのイメージだけでスキンケアに使用するのはおススメできません。間違ったケアを続けていても、乾燥肌は良くなりません。

乾燥肌を治すには、ベビーオイルは向いていません。自分の肌にきちんと向き合って、正しいケアを続けた人がお肌を治すことが出来るのです。

肌バリアと乾燥肌

乾燥肌は、肌バリア機能の低下が原因で起こることもあります。対策が難しい、と感じる人もいらっしゃいますよね。

代表的な肌バリアが油分です。お肌に与えた潤いを逃さず、いつまでもみずみずしい肌をキープしてくれる存在です。

しかし油分は必ずしも顔全体、均等に作られるものではありません。皮脂が十分な方や脂性の強い方であっても、口元や目の周りなどは肌バリア機能が低下していることも多いのです。

油分を補給して、肌バリア機能を上げようとするときには注意が必要です。乾燥肌だからと過剰に塗りすぎると、別のトラブルを引き起こしてしまいます。部分的に必要な分だけ、補いましょうね。

肌バリアを正常にして乾燥肌を改善しましょう

肌バリアが弱まっていると、外部からの刺激にも敏感になってしまいます。洗顔料などの成分には気をつけてくださいね。なるべく低刺激で、ご自分の肌に合ったものを選びましょう。

化粧水、乳液、クリームなどでしっかり保湿し、水分の蒸発を防ぐことは大切です。それと同時に自分のライフスタイルや食生活などを見直すと、肌本来の潤いを取り戻すことができます。

乾燥肌の肌バリアづくりは、皮膚が本来持っている皮脂膜を常に保つ美肌力を最大限に引き出す美容法です。毎日の状態の管理と適切な化粧品等の使用でつくられます。正しい知識・情報のもとに毎日努力しましょう。必ず報われます。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする