広告

乾燥肌でつっぱる

乾燥肌でつっぱる

乾燥肌で、なんだか頬がつっぱる感じがする。そうのような症状にお悩みではありませんか。

つっぱる感はどうして起こるのでしょうか。乾燥肌の原因を考えることで正しい対策を知ることができますよ。

思い返してみて下さい。洗顔後や、入浴後に、お肌がつっぱる感じがしませんか。これはお肌の水分蒸発を防いでいる皮脂がなくなっているからなんですよ。

お肌の表面を作っている、角質細胞。その細胞の間に水分があります。そしてそれを上から保護しているのが皮脂。ですから、洗顔後、入浴後はものすごい勢いで水分が蒸発しているのですよ。

また年々、この蒸発は早くなっていきます。若い時と違い、皮脂分泌はどんどん少なくなくなってしまうからなんですよ。10代のころは化粧水をつけなくても、つっぱるなんてなかった、というのはそのためなんですね。

つっぱる感じは乾燥肌のサインです

洗顔後、入浴後はすぐに保湿を行なって下さいね。これでつっぱる感じは予防できるでしょう。

つっぱる感じは乾燥肌のサインです。急な蒸発で、お肌が水分を欲しがっている時、上手に保湿できるように、普段からご自分のスキンケア方法をよく知っているといいですね。

乾燥肌からしわに

乾燥肌はしわの原因にもなります。いつの間にかできたしわで、急に老け込んでしまう。そんなの嫌ですよね。

しわは、角質層が壊れ肌の水分が少ない肌にできやすいのです。なんとこのような肌は、シミもできやすくなっているんですよ。

なんだかぞっとしますが、でも乾燥肌の潤いを取り戻すことで、しわもシミもケアできるということなんですね。

コラーゲン不足は乾燥と並び、しわの原因の一つになります。コラーゲンは肌の弾力を保つ役割をしているのですね。

乾燥肌の対策をしてしわやシミも予防しよう

つまりしわ対策は乾燥肌を改善して、肌に弾力やハリを取り戻すこと。この2点がとても大切ですね。そのためには正しい洗顔方法や保湿を行いましょう。

洗顔の方法や保湿の方法で、肌の潤いや弾力は変わっていくんですよ。洗顔後にお顔を拭くときのタオルの使い方一つでも違いは出ます。

しわのないお肌を目指して、今すぐにでも、乾燥肌対策の正しいケアを始めませんか。一日、一日の積み重ねで、将来、美しい肌を手に入れることができるでしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする