広告

乾燥肌の入浴剤

乾燥肌の入浴剤

乾燥肌の対策として、入浴剤を使用するのは効果的ですが、使用するものを間違えると、乾燥している皮膚が痒くなる事もありますので、購入する際は慎重に選ぶようにしたいですね。

沢山の種類がある入浴剤ですが、何が良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。お肌は想像以上にデリケートですので、香りや色、キャッチフレーズなどに惑わされて、刺激の強いものを選ぶ事のないように注意しましょう。

肌の質によって使える入浴剤は違ってきますが、間違えて使用して異常を感じた時は、直ぐに湯船から上がりシャワーで良く洗い流し、使用するのはやめましょう。

乾燥肌には、根本から肌質を改善する必要もあります。正しいスキンケアで、乾燥に強い肌を作る事で、他にも肌荒れやニキビなどの予防にも繋がります。

入浴剤を選ぶ際は乾燥肌に合わない成分に気を付けましょう

油分や保湿成分が配合された入浴剤などは、冬の乾燥した空気や部屋の暖房などから水分の蒸発を防ぎ守ってくれます。

大切なのは、入浴剤だけに注目するのではなく、入浴方法も重要な事を忘れないようにしましょう。熱い湯船や長湯は逆に肌が乾燥してしまいますし、ナイロン製や硬いタオルでの洗いは避けたいですね。

乾燥肌用の入浴剤でも、リラックス効果やストレス解消などができる便利なものがありますので、上手に使って楽しい入浴にしたいですね。

乾燥肌で粉をふく

寒くて湿度の低い冬。乾燥肌になり粉をふいたようになってしまった。お肌が悲鳴をあげている証拠ですね。

もちろん冬だけではなく、肌が極端に水分を失うとそうなります。白い粉がふいた時には、お肌を外部の刺激から守っているバリア機能が低下してしまった、ということが考えられます。同時にかゆみがでてきたり、やっかいな存在です。

冬に粉をふく原因は、外気の乾燥に加えて暖房器具を使い、空気さらにが乾いたためです。暖房をつけた部屋にいて、肌が突っ張る感じがしたら、乾燥しているサインです。

乾燥肌に限らず、熱いお風呂につかり過ぎたたためや、石けんの使い過ぎ、加齢やバランスの崩れた食事によっても粉をふきます。とにかくそうなったら、一刻も早く、お肌に水分を補給しなくてはいけませんね。

乾燥肌で粉をふいてしまったら普段の生活が原因かもしれません

まず、お部屋が乾燥している時は必ず、加湿して下さいね。風邪予防にもなりますよ。洗顔方法や保湿方法を変えることで粉防止につながります。お風呂の入り方、食事も工夫次第で肌の調子は全然違うんですよ。UV対策もきちんと行なって下さいね。

化粧水、美容液を使った保湿も大切。その上に乳液やクリームでバリア層をつくってあげましょうね。でもそれだけに頼らず、内部から肌を変えていく気持ちでケアするといいですね。

乾燥肌がひどくなり、粉をふいたら、しっかりお肌をいたわってあげましょう。空気と肌の湿度を上手に管理しながら、生き生きとした弾力のある肌を取り戻しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする