広告

乾燥肌対策

乾燥肌対策

乾燥肌にはどんな問題があり、どのような対策を行えばよいのでしょうか。肌のトラブルに対して出来る事はひとつではありません。

乾燥肌やニキビへの対策としてポピュラーなのは、洗顔や化粧水を塗るなどのスキンケアです。もっとも手軽で直接的な手段と言えるでしょう。

乾燥肌用の保湿クリーム、クレンジング、美容液などは、対策商品としてドラッグストアにたくさん並んでいますね。自分の肌に合うものを選びましょう。

乾燥肌の原因を知り正しい対策をとることが完治への最短ルートです

また、肌に直接働きかける以外にも、生活習慣の見直しなどで、体質改善や肌質改善で内側から直していくという方法もあります。

食事からの対策として、乾燥肌にはベータカロチンが多く含まれる野菜を献立に取り入れることもお勧めします。冬が旬の野菜には多く含まれています。

しかし、これらの乾燥肌への対策をただ闇雲に行えば良いというわけではありません。原因によっては悪化してしまうこともあります。

自分の乾燥肌の原因を知り、正しい対策をとることが完治への最短ルートです。それに、正しいケアを毎日行う事は、皮膚科に通う事にならない為の予防に繋がります。

乾燥肌の症状

乾燥肌はいろいろな症状を引き起こしてしまいます。代表的なものだとかゆみやひりつきです。昔は潤っていた肌。年々、かさついてきているわ、と鏡を見てはため息ついたりしていませんか。

お肌の乾燥は細胞間の脂分や皮脂が足りなくなると症状がでます。つまり、肌をバリアしてくれる皮脂が足りずに、必要な水分が蒸発してしまうんですね。

ではそもそも、乾燥肌の症状の元になる細胞内脂質や皮脂の低下はどのように起こるのでしょうか。原因には先天的なものと、後天的なものがあります。

先天的なものとはアトピー性皮膚炎などの体質によるものですね。後天的な要因とは加齢によるものと、間違ったケア方法によるものなどがあります。

乾燥肌の症状が出る前に肌の潤いを取り戻す対策をしよう

お肌の脂分が足りなくなると、水分がなくなり、皮膚のバリア機能が働くなります。そのため、かゆみやひりつきなどの乾燥肌の症状がでるのですね。外部の刺激を受けやすくなっているためなんです。

乾燥肌の症状が起こる前の正常な皮膚であれば潤いがあったはずです。その潤い、取り戻したいですよね。

様々な症状を引き起こしてしまう乾燥肌。かゆみやひりつきなどを防ぐためには、皮脂を適度に管理し、水分の蒸発を防ぐことが重要ですよ。かさかさ肌になりそうだ、またはなってしまってもあきらめずに、肌の潤いを取り戻すための対策をじっくりと続けていきましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする