広告

禁煙と乾燥肌

禁煙と乾燥肌

乾燥肌への対策で禁煙は第一条件です。どんなに良いスキンケアをしても一回の喫煙でほとんど台無しになってしまうからです。

禁煙を行わない場合、肌荒れやニキビなどの原因となる活性酸素を断続的に摂り続ける事になります。タバコにはこれ以外にも有害な物質が含まれています。

血流を悪くするニコチン、血を酸欠状態にする一酸化炭素などです。リスクは大量にあれどリターンは皆無です。乾燥肌以前に健康によくありません。

禁煙することで乾燥肌をはじめ、肌の悩みを解消することができます

また、禁煙せずにいた場合、たばこ1本でレモン1個分のビタミンCが破壊されるといいます。煙草を吸いながらのスキンケアが、いかに非効率であるかが分かると思います。

例え2週間の間でも禁煙を行えれば、体全体の血流が改善され、肌荒れは改善されると言います。肌がその前の状態に戻る、ということです。

禁煙が実行できた場合、肺やのどなども健康な状態に戻ります。体が健康であればあるほど、皮膚への間接的な問題も減り、乾燥肌の改善につながります。

乾燥肌で悩んでいる喫煙者の人には、なによりもまず禁煙をする事です。頑張って正しいケアで肌質改善をしても意味がなくなりますよ。

先天的な乾燥肌

乾燥肌の原因には先天的なものと後天的なものがあるんですよ。それぞれに対策方法も違ってきます。

先天的といわれると不治の病であるかのように受け止めがちですね。しかし必ずしもそのようなことではありません。安心してください。

かさつきやすい要因を先天的にもって生まれてきた方がいます。肌バリアである皮脂層が薄かったり、もともと肌が敏感だったりです。しかしそれも個人差という程度の話ですよ。

先天的だから乾燥肌は治らない、と諦めないで下さいね。肌荒れは肌に負担となる行為や習慣を改め、正しい知識でケアする事で十分によくなりますよ。

先天的な自分の肌の特質を理解しましょう。そして後天的な要因であるスキンケアをしっかりと続けましょう。

先天的に乾燥肌になりやすい人でも正しい知識でケアする事で十分によくなります

後天的な肌荒れ原因の代表が加齢です。これもしょうがない、と思っていませんか。毎日のケアで10年後も今と変わらない、いえ今以上にハリのある肌に変身できるんですよ。

乾燥肌が先天的であると悲観する前に、日々の肌ケアをしっかり行い、しっとりとした肌を取り戻しましょう。毎日の天気や体調に気を配りながら、楽しく肌ケアをしていくことが、10年後20年後の美肌保持につながります。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする