広告

乾燥肌のファンデーション

乾燥肌のファンデーション

乾燥肌用のファンデーションには、どのようなものがあるのでしょうか。オイリー肌用や敏感肌用など様々な種類を多くのメーカーが販売しています。

ファンデーションには保湿力が高い、クリームタイプのものやリキッドタイプのものがあります。このようなタイプは付けたときからしっとりとした使用感があります。

パウダータイプのファンデーションは乾燥肌には不向きなのでしょうか。このタイプは化粧下地と併用することで、潤います。

ファンデーションは薄く付ける程度にして、刺激物から肌を守りましょう。無香料、無着色で、低刺激性のものがよいです。肌のカバー力もあるものをお勧めします。

上手な乾燥肌ファンデーション選びで乾燥肌対策をしましょう

あなたの肌を隠すためではなく、引き立てるためにあるのがファンデーションです。あまりにも肌荒れがひどい時は使用を控えましょう。肌状態がよくなるまで刺激は与えずに、美しい素肌を手に入れましょう。

化粧品選びは女性の楽しみの一つでもありますね。じっくり時間をかけてご自分にあったものを選びましょう。

上手なファンデーション選びで乾燥肌対策できるといいですね。あきらめずに自分に適したものを使用して、しっとり肌を目指しましょう。

唇の吹き出物

唇に出来る吹き出物や口内炎は、疲労やストレスがたまっているとき、ビタミンB群が不足しているときに出やすいサインです。栄養バランスが偏りがちなときに起こる症状です。

口内炎になったときははちみつを塗ると良い、という話を聞いたことはないでしょうか。あれは、はちみつがビタミンB群を豊富に含んでおり、また強い殺菌効果と炎症を抑える力があるからです。

しかし唇にはちみつを塗ると、ニキビが悪化してしまいますので避けます。糖分がニキビを刺激しますので辞めましょう。

唇にできた炎症には、はちみつではなく、あなたの行動によって抑えていくことが可能です。つまり、はちみつの効果と同じことを、自分に施せばいいのです。

栄養バランスや行動リズムに注意

唇に出る場合は疲労やストレスの他に、体力が低下している警告である場合もあります。体力の低下は、イコール免疫力の低下。こういうときに症状が出やすいといわれています。

出来れば、唇のためにもしっかり睡眠をとる、早寝早起きの生活習慣をつける、正しい食生活を心掛けるといった行動リズムを、自分で整えたいところでしょう。

ただ、どうしても自分のライフスタイルに「規則正しい生活」がかみ合わない場合がありますよね。その時には、無理に合わせようとしなくても大丈夫です。ちゃんとしたコツがあります。

ポイントを抑えておけば、唇の吹き出物など怖くはありません。むしろ、慢性的な疲労やストレスを抱えている人は、無理をせずゆっくり休んで、ポイントを抑えた生活を送る事をお勧めします。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする