広告

COQ10と乾燥肌

COQ10と乾燥肌

年齢と共に乾燥肌になってきたという方。COQ10の減少が原因になっていることがあります。

もともと私たちの体内で、COQ10はつくられています。体内の細胞に存在しているんです。

COQ10にはふたつの大きな働きがあります。一つは食べ物で摂取した栄養を、エネルギーに変えること。もう一つは強い抗酸化力を発揮し、肌を活性酸素から守ることです。

この二つ目の働きが老化防止につながります。若返りの成分と呼ばれる理由はそこにあります。

話題のCOQ10で老化を防止し乾燥肌を改善しましょう。

COQ10は、肌の再生を促し、表皮部分のヒアルロン酸を増やしてくれます。同時に、コラーゲンの増産も促して、肌の弾力をあげてくれるのです。このようにして、肌が元気になってくことで乾燥肌の改善にもつながります。

しかし体内のCOQ10は20代をピークにどんどん減少していくものなんです。30代ごろから、急に疲れやすくなった、肌荒れがひどくなった、という声をよく耳にしますよね。

減少してしまったCOQ10を補う方法としてサプリメントがあります。直接皮膚につけて補う方が乾燥肌にはより効果を期待できます。化粧品などに含まれていることもあるので成分表を見てみましょう。

乾燥肌対策にCOQ10はとても効果があります。あきらめずにケアを続けて、弾力のある、潤い続く素敵な肌を目指しましょう。

耳の吹き出物

吹き出物が耳に出るときは、Uゾーンと呼ばれる部分にも症状が現れやすいです。片方の頬からあごを通り、もう片方までをU字に包んだ位置です。

耳に症状が出るときは、ホルモンバランスの乱れや内臓の不調などのサインです。ホルモンバランスが崩れがちになるのは思春期や更年期だけでなく、日常でも、過度のストレスやダイエットが原因である場合もあります。

女性の体は男性と違い周期で体温が変化するので、生活リズムの乱れは周期の乱れにつながります。そこから生理不順が起こったり、症状がひどくなると情緒不安定や自律神経失調症に陥ったりします。

それだけに、耳に何らかの炎症が起きた際には、より注意が必要です。生理は順調に来ていますか?無理なダイエットをしていませんか?

それから耳は見ての通り、軟骨や皮膚が複雑な形を形成している器官です。そのため、お風呂上りに洗い残しが多くなりがちです。同時に洗い切るのが難しく、皮脂や角質が残りやすい場所でもあります。

放置せず原因を特定することが大切

耳に残った皮脂や角質は、アクネ菌を増殖させる良い温床になってしまいます。

また耳に痛みがある場合は、ニキビではなくリンパの腫れである場合もあります。こめかみのあたりまで痛かったり、症状が出ているという場合は、帯状疱疹の可能性もありますので、見極めは大切ですね。

耳の吹き出物だからといって、放置しておく事はよくありませんので、まずは自分の中にどのような原因があるかを振り返る事も大切です。人によって原因は様々ですから、まずはあなたの原因を特定することが大切でしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする