あごニキビの原因

あごニキビの原因

あごニキビができる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。そしてどのような対処をするといいのでしょうか。

原因のひとつとして、成長ホルモンの分泌が活発になることがあげられます。ちょうど思春期の頃、悩まされた方、いますよね。鏡を見て、ため息をついたものです。しかしこの場合は、大人になるに従って次第に出来なくなってきます。

思春期はとっくに過ぎたのに、大人になってからも治らない。もちろんそういう方もいらっしゃいます。実は大人の肌トラブルの原因は、思春期の時とは違うものなんですよ。

あごニキビの原因さぐってみましょう

例えば食生活の偏りやストレスの多い生活。慢性的な寝不足。生理不順によるホルモンバランスの乱れも考慮しなければいけません。その他にも、乾燥や細菌の繁殖など、様々な理由から肌は悲鳴をあげています。

意外と見落としがちな原因が、頬杖。手のひらでアゴや頬をべったり抑えていませんか。手のひらは雑菌でいっぱいです。思い当たる方は注意してくださいね。

一刻も早くあごニキビの原因をさぐり、適切な処置を施したいものです。もう悩まされないためには、出来てしまう理由を知る必要があります。

あごニキビの原因は、このように様々。しかしあなたの適切な対処ですぐに治る部位でもあります。しっかりケアしましょう。

クレーターとクリニック

クレーターはクリニックに行けば、凸凹のない赤ちゃんのような肌を取り戻せるのでしょうか。

クリニックでは、クレーター状になった肌に対し、レーザー治療やピーリングを施します。

クレーターに対するレーザー治療は、失ってしまったコラーゲン組織を増やし、陥没した穴を底から盛り上げる考えで行います。

ニキビが繰り返し同じ場所に出来たり、誤ったケアや故意に潰した事などが原因で、真皮層まで傷は深まります。クレーターは、傷を修復するため、白血球が周辺のコラーゲン組織を破壊することで起こるのです。

コラーゲンが生成されなくなってしまったクレーター部分を照射し、凹んだ部分のコラーゲン活動を活発化させるのですね。

クレーターを目立たなくさせるクリニックでの治療

クレーターが肌にあると、本当に憂鬱になりますね。男性は素肌をさらすしかありませんし、女性であっても化粧ではとうてい隠すことなど出来ません。

一度クレーターが出来てしまったら、クリニックでも赤ちゃんのような素肌に戻す事は、現在の技術では不可能です。目立たなくさせることは出来ますが、有名人の肌を見てもお分かりのように、完璧な状態へ戻すのは厳しいと捉えてください。

それでも良いから、少しでもクレーターを改善させたいと思われるようでしたら、高額な治療費を覚悟の上、信頼できるクリニックに頼ることをお勧めします。

このように、クレーターは最新機器がそろうクリニックでも、完全な素肌に戻す事は難しいのですから、ニキビが出来ても、どうか間違った方法で肌に傷をつけないよう気をつけてください。

そのためには、一日も早くニキビを治す事。そして二度とニキビを繰り返し作らないことが、クレーターで悩まないための大きなポイントとなるのです。来年の今頃の肌を思い浮かべて、一日も早く正しいケア方法を身につけたいものです。

広告