広告

おでき

目次

おでき

おできは、特に夏場に出来ることが多いようです。それは、汗をたくさんかくことで皮膚の湿りが続き、黄色ブドウ球菌の繁殖を誘うからです。汗を掻いたあとのケアが大切ですね。

年齢に関係なくおできは現れます。背中にもできることはありますが、ほとんどは顔にできます。どちらにせよ、肌への管理に気が抜けません。

便秘がちだったり、睡眠不足からも肌のトラブルが発生し易いので、正しい生活習慣が求められます。体の健康には日頃から心掛けておきましょう。

おできの種類ですが、目立たないうちを毛砲炎、大きくなればせつと言い、さらにはそれが広がるとようという風に呼ばれます。状態の把握をしておくと、早い対処が出来るので、状態把握を忘れずに!

おできができたら悪化するまえに正しいケアを!

おできが気になって、つい手で触れたりする事も多いですよね。でも、それがそもそもの間違いで、目に見えぬ汚れを塗っているようなものなのです。気になったら、タオルなどで軽く押さえるぐらいにしましょう。

おできは青春のシンボルなんて言われてきましたが、そんな軽く考えるものではないことを十分知って欲しいです。

おできは不治の肌のトラブルではありません。もちろん治るのに、長くかかるものでもありません。悪化するまえに、正しいケアを心掛けましょう。

脂性肌

脂性肌は本当に厄介ですよね。ニキビや肌荒れの原因になったり、頭皮への影響も心配。それにTゾーンがテカテカ光る、なんて女性は絶対避けたいですよね。

皮脂はお肌の水分を守る、大切な存在。潤いのある肌にはかかせません。でも分泌が多過ぎると脂性肌になってしまいます。見た目も感触も皮脂の存在をそのままになってしまっている方は要注意です。

脂とり紙を使って、皮脂を取り去っても、5分後にはテカテカ。脂性肌はお化粧のりも悪くなります。脂に埃が付着して、炎症を起すこともあります。お悩みの方は多いですよね。

症状を和らげたいために頑張ってケアしているあなた。もしかしたらあなたのスキンケアは間違っているかもしれません。

間違ったケアでは脂性肌はよくなりません。いいえ。悪化してしまうこともあるんですよ。これ以上、脂が分泌されたら、一体どうなってしまうの、と悲観しないでください。正しいケアをすれば必ず、すべすべお肌になれますよ。

脂性肌に間違ったケアをしていませんか?

脂性肌の原因はは栄養バランスの乱れ、睡眠不足、ストレスなどです。まずはそのような点を気をつけて下さいね。

お肌のケアだけでなく、体の内部から脂性肌を治そうとする姿勢が大切ですよ。ホルモン、食生活、年齢、習慣、色々な面からトータルケアを行いましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする