広告

おできの原因

おできの原因

おできの出来る原因はいくつかあります。しかしその対処方法は、肌の手入れを欠かさない、という事が第一に挙げられます。

まずはおできの原因のひとつに、不潔になった肌の毛砲から細菌が入り、感染する、ということがあります。小さな傷が原因で、細菌がそこから侵入することもあるので、男性は髭剃りに注意が必要です。

皮膚の炎症にもいろいろなケースがあります。ケアをすることで短期に治癒するものもあれば、長期のケアを要するもの、しつこさのある慢性のものなどです。しかし、どの場合も地道にケアをすることで、治癒への道はあるのです。

原因が自分では分からないこともあります。その場合は、医師に相談することで一日も早い処置が望めます。肌のトラブルは、体調や食事にも影響されることもあるので、生活全般に気を配っておきましょう。

原因が年齢的な場合もあります。20代頃に多く現れますが、男性ホルモンの分泌の変化によるものです。皮脂の分泌が多くなり毛穴が詰まると、そこから細菌が入って炎症を起こすのです。男性の方はぜひ、頭に置いておいて下さいね。

おできの原因を特定して早めに対処しましょう

おできの原因になるのは、男性ホルモンばかりではありません。女性の場合では、化粧品が合わないなどの原因で、肌も荒れてひびが出来て、そこから細菌が入ることがあります。変調を感じたら、すぐにケアを始めて下さい。

おできも原因を特定し、早めに治療する事で、治りも早くなります。正しいケアで、目指せ!たまご肌!

脂性肌のニキビ

思春期の頃に悩んだニキビ。30代になっても脂性肌で、まだおでこのぶつぶつが治らない、という方が増えています。原因はとても複雑。いろいろな理由が重なっているんですよ。

ニキビの原因になる外的なものは、紫外線、乾燥、肌に適さない化粧品やファンデーション、寝具などの雑菌によるものです。内的には年齢に関わる代謝の低下とストレス、女性なら生理前のホルモンのバランスの乱れ、睡眠不足などがあります。

このように様々ことが原因で、毛穴に皮脂や古い角質が詰まっていきます。すると脂大好き、アクネ菌が増えて、活性化していきます。こうしてニキビができてしまいます。

原因が様々なので、ケアも様々。色々な点を気をつけなくてはいけませんよ。洗顔を基本に、保湿、紫外線対策や、生活改善も必要になってきますね。

しかし過剰なケアも問題。脂性肌でニキビが気になるからと言って、皮脂を摂りすぎてしまうと、肌バリアがなくなり、これもまた悪い結果をうみますね。一体どうしたらいいんでしょうか。

ニキビは皮脂量のバランスで左右され易いとも言えます。皮脂の量を適度にすることがとても大切です。調整ができたら保湿にもつながります。

脂性肌のニキビは汚れを皮膚に溜めないことです。それには正しいケアを体の内外にほどこすこと。自分勝手な思い込みスキンケアから卒業しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする