広告

おできの痛み

おできの痛み

おできの痛みの原因は、毛穴から侵入した細菌が感染を拡大し、毛穴の近くで腫れ、膿を出すようになる事から起こります。自然に治る場合もあれば、悪化する事もあります。

このような症状があちこちに出来ると、腫れもひどくなり、痛みも生じてきます。この場合は、やはり早めのケアが必要になってきます。

出来て困る場所というと、やはりおしりでしょう。炎症に触れ易い場所で、すれる回数がどうしても多くなります。出来て間もない症状でも、痛さで顔をしかめる程です。

痛みを伴う炎症の一種に、アテローマという症状があります。皮脂や細胞、そしてコレステロールが混じった腫瘤(しゅりゅう)に、膿が蓄積したもので、苦痛を伴います。

鼻にできるおできには、多くの場合痛みがあります。脂質が多い部分なだけに悪化しやすいので、ひどくなる前にケアしましょう。

お腹の辺りにできる炎症は、あまり痛みはありません。しかし、体内の機能に何らかの障害がある可能性もあるので、一度体の健康状態も振り返ってみましょう。

痛みのあるおできは症状がどのような状態になっているかを観察することが大事です

おできの痛みは、症状が現れてすぐに痛むものと、広がるまで感じないものがあります。いずれにしても、症状がどのような状態になっているかを観察することが大事です。

脂性肌の脂取り

男性、女性それぞれに脂性肌の脂取りには苦労がつきません。午後になると、テカテカする鼻の頭。拭いても、拭いても、分泌される皮脂。

脂取りと言えば、紙で吸い取る方法が一般的です。紙の種類もたくさんあるようです。

その中の一つに、白粉が付いた脂取り紙があります。紙質だけのものに比べて、皮脂を取り除く効果が高いのです。

また、脂取り紙で言うと、竹炭配合の吸い取り紙があります。紙に浸透した竹炭墨の成分が、多脂性の肌に働き奥の脂まで吸い取ります。しかも潤いはそのままなのです。

一見、便利な脂取り紙。ですが、使い方、使用法によってはなんと脂性肌には逆効果になることもあるんですよ。肌に押し付けるようにして使用していませんか。一日に何度も使っていませんか。これでは肌を痛めつけてしまいますよ。

何が何でも取りたいと言う気持ちで、洗顔し過ぎたり、頭を洗うのにシャンプーで必要以上に洗ったりもいけません。同じように肌を痛め、皮脂分泌量がより多くなってしまいます。

脂取り方法を間違うと脂性肌は悪化します

適度な脂取りが肌の健康を維持します。皮脂は肌を健全な状態にしてくれている膜と言えます。また、保湿の面でも重要な役割を担っているのです。

脂性肌の方には欠かせない、脂取り。上手にケアして、すべすべの肌を取り戻しましょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする