広告

おできの種類

おできの種類

おできには、いくつか種類があります。しかし、その単語を聞くだけでどのようなものか想像がつきやすいので、医師が患者に説明をする際「おできだね」と表現する事もあるようです。

腫瘍であっても、実際はきちんとした病名があるにも拘らず「おできのようなものだよ。」と言われれば、やはり聞くほうも「簡単に治りそうだ」というイメージを持ちやすいですね。

種類は、おできが出来る部位に影響されることが多いようです。また、その大きさや、腫れた部分の中身が何であるかによっても区別されます。

毛胞炎ひとつとっても、呼び名の種類も分かれます。毛穴奥の毛包に細菌が感染したために出来たおできは、「せつ」と呼ばれます。おできの中に膿がたまったものは「膿瘍」です。

その他の種類として、せつや膿瘍が同じ部分に出来たり、繰り返し発生するときには「せつ腫症」ともいいます。

おできはできる部位や中身によって様々な種類がある

また、肛門やその付近に出来るものに「痔ろう」「肛囲膿瘍」、おできの中身が垢だとしたら「粉瘤」など、医学的呼び名の種類は多岐にわたるのです。

このように、様々な種類のおできがありますが、ニキビのように正しい自己ケアで完治しないものも沢山ありますので、すぐに病院へ行きましょう。

おできの種類の中には、ニキビもある意味含まれます。こちらは自己流ケアを直ちに辞め、理に適った方法を取り組めば、みるみる改善させることが出来る唯一のおできでしょう。

ニキビの種類

ニキビにも種類があるのはご存知でしょう。赤、白、膿・・・。今回は、それ以外の名前で呼ばれているニキビについてまとめてみました。あなたのニキビに当てはまるものはあるのでしょうか。

ニキビの種類は、確かに冒頭で述べたものが代表ですよね。ただ、原因やその形、症状によって呼び方が違うこともあります。

その種類を知ることで、対策を取る事が出来ればいうことはありませんね。ですから、ニキビを正面から捉えずに、ちょっと斜め脇から種類についてみていきたいと思うのです。

もしかすると、あなたのお肌には様々な種類の二キビが同時に存在しているかもしれません。ですが、死ぬまで肌が治らないなどという事はありませんので、悲観する事はありませんよ。

実際、おじいちゃんやおばあちゃんがニキビで悩んでいる姿を見たことなど無いですよね。大切なのは、いかに跡を残さず治すかという事になります。

ですから、あなたのニキビの種類を知ることは大切なのです。その種類を知ることで、何か対策が見えてくるかもしれないでしょう?

ニキビの種類で対策法も変わる

ニキビの種類は、大きく分けて四つ。細かく分けると無数にあるということになります。あなたのニキビと、かつての眞鍋かおりさんのニキビの種類が同じだとは限りません。

同じケアをしても治り方が違うのは、ひとえに「ニキビの種類」のせいかもしれないのです。ですから、しっかりとあなた自身のニキビの種類を知ることは重要な事なのだと言えるのですね。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする