広告

おできの膿を出す

おできの膿を出す

おできの膿を出すのに、これ!という完璧な方法はありません。どんな方法をとったとしても、処置後のケアを怠らないことは必須項目です。

膿を出す、というか自然に潰れて出てしまうのが、いわゆる皮膚炎症です。気になってつい触りたくなってしまいますが、汚れた手で触ると返って広げることになるので、注意しましょう。

皮膚の炎症の種類により、さまざまな症状があります。症状により治療方法も異なるので、いたずらにおできをつぶして膿を出すのだけは避けてください。

方法としては、薬で小さくしたり、洗浄方法を見直したり、専門医に相談したりと、いろいろな方法があるのでよく見極めることも必要です。

病院でおできの膿を出す時、切開することもあります。やはりちょっと怖い気がしますよね。怖い思いをするのはもうこれきりにして、今後は皮膚の健康を心掛けたいですね!

おできの膿を出すとかえってよくない場合もあります

無理におできの膿を出すのは、かえって良くない場合もあります。炎症が軽いうちに治療を始めれば、膿が出る前に治るかもしれません。肌トラブルが起こらないようする為には、肌や体に気を配りながら日々の生活を過ごしていきたいですね。

乳液と脂性肌

脂性肌なので乳液はいらない。そう思い込んではいませんか。これ以上油分をつけると、にきびが出来そうだし・・・。いいえ、逆に乳液が無い事で肌が荒れることがあるのですよ。

お風呂上がりなど、お肌は乾燥しますよね。でもすぐに皮脂が分泌されるから大丈夫、・・・ではありません。

乾燥したお肌は一刻も早く、化粧水や乳液を使って保湿してあげることが大切なんですよ。

化粧水で水分を補っても、それをカバーしてあげないと、すぐに蒸発してしまうんですね。そこで乳液。お肌にベールを作り、水分蒸発を防いで、潤いのある肌になります。

乳液使用後のべたつき感が気になる方がいますよね。皮脂とまざってどろどろになってしまうのが嫌な方は、使用後の肌ざわりがさっぱりとしたものを選ぶといいでしょう。

皮脂分泌が多い方専用の商品はたくさんあるので試してみてくださいね。にきびができやすい人には、でき易い人が選ぶと良いスキンケア用品もあります。にきび専用ではなく、もっと肌荒れに良いと思われるものは沢山あるのです。アンテナをしっかり立てておく事が、とても大切ですね。

脂性肌には乾燥も悪化の原因になります

つまり、どんなお肌にも乳液は必要。乾燥した肌をそのままにしておくと、肌が固くなり、皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまいます。新たなトラブルの元ですよ。

脂性肌の方もしっかり保湿をしましょう。乳液の量は少なめでかまいません。とにかくつけることが大切ですよ。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする