広告

おできの芯

おできの芯

おできの芯とは、皮膚が炎症して毛穴に角質が溜り、それが硬くなったものを言います。症状には、軽いものから重症のものまであります。

背中の炎症にも、芯を形成するものがあります。場所によっては体の内部が影響していることもあります。見つけにくい場所ですから、何か違和感を感じたら、入浴時などに鏡を使って確認することをお勧めします。

炎症の悪化した毛穴に、体の表面のカスなどが詰まらないようにすることも大切です。きちんと薬で治療することや、皮膚の表面をきれいにしておく習慣をつけることから始めましょう。

炎症が起こると、その毛穴には芯のあるおできが出来易くなります。放置していて差支えない症状もありますが、刺激を与えることは避けて下さい。悪化させない為にも、早めの治療を心掛けて下さい。

頭皮や顎にできるおできの芯は、専用成分が配合されているシャンプーや洗顔料で、皮膚を丁寧に洗ってあげましょう。

鼻は皮質の分泌が多いので、芯の数も増える傾向があります。見つけやすく、また気になりやすい場所でもあるので、早めの治療を心掛けましょう。

芯のあるおできは皮膚の炎症状態です。こまめにケアしましょう

おできに芯がある時は、皮膚が炎症状態であるという事です。大きさも異なり、触ると痛みを感じるものもあるでしょう。薬で治すことが可能なうちは、こまめにケアして早くきれいな肌に戻してあげましょう。

脂性肌の原因

なんとか治したい脂性肌。原因を知って、対策に努めたいですね。

よくあげられる原因が、睡眠不足、ストレス、栄養バランスの崩れ、喫煙などの生活習慣によるものです。思い当たる節があるなら改善しなくてはいけませんね。

もう少し、詳しく原因を見てみましょう。例えば食事。油分、糖分を摂りすぎていませんか。このような食生活はそのまま肥満にもつながってしまいますね。過度な飲酒も肌荒れのもと。お酒を飲んだ翌日、肌がかさついたり、妙に油っぽくなったりしますよね。

喫煙がどうして、脂性肌の原因になるのでしょうか。それは新陳代謝が悪くなり、血流が乱れるからなんですよ。血流が悪くなると、様々な病気のもとになります。

そのほかに意外と見落としがちな原因が過度のケア。あぶらとり紙で頻繁に皮脂を取り除いてしまう。アカスリをしすぎる。エステで肌を刺激しすぎてしまうこともあるんです。必要な皮脂を取り除くことで、自然と皮脂の分泌量が上がってしまうんです。

脂性肌の原因を知って正しい対処をしましょう

ホルモンの影響もうけます。ある年齢や、生理前などに、お肌の皮脂が増えた場合、その可能性がありますね。生活上の乱れは、ホルモンバランスの乱れを引き起こすんですよ。

脂性肌の原因をよく知り、スキンケアしましょう。見た目はもちろん、健康にもつながることでしょう。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする