胸のおでき

胸のおでき

胸におできが出来てしまうのは、やはり女性が多いようです。夏場になると必ずできる、という女性もいるでしょう。

胸に出来るものは、そのほとんどがニキビです。身体に出来るニキビの中でも、この部位のニキビは本当に嫌なものですね。

胸に出来たからといって、特別な方法に取り組まなければならないということはありません。要するに、顔に出来たニキビと同じです。

ただし胸のサイズが大きい方は、ちょっとした工夫を施してあげるだけでぐっと発生頻度は下がるでしょう。

ニキビは、毛穴の中に皮脂や角質が溜まり、アクネ菌などの細菌が侵入する事で発生します。

それに加えて、胸の部分は汗をかいても清潔を保ちづらい部位ですし、胸と胸の間上部は、特に皮脂が出やすい部分でもあります。

ですから胸に出来たニキビは、まずは皮脂の分泌が促されないようにストレスケアを意識して行うこと。上手にできなければストレスケアのサプリメントを利用してもよいでしょう。

また皮脂のコントロールを、スキンケアだけではなく身体内部からも行うことが胸のニキビには大切です。これは、人によってその原因が異なりますので、まずは自分だけの原因を知ることが重要でしょう。

ただし、胸のおできが「肌色」であったり、どう見てもニキビではない時には、ニキビと違って自己ケアが出来ませんので、皮膚科を受診してください。

ニキビと乾燥肌

乾燥肌とニキビは、一昔前まで「関係ない」とされていました。もちろん誤りですね。乾燥ニキビというものが存在します。

ニキビがどうして乾燥肌なのに出来るの?と、不思議に思われる方も多いのではないでしょうか。

ニキビは、毛穴の中に余分な皮脂や汚れが溜まる事で発生しますね。でも、カサカワお肌には余分な皮脂など無いし・・・。そう思われるのも無理はありません。

ですが、乾燥肌だからこそ肌荒れの原因になることがあります。それは「角質の硬化」です。

水分量が少ない乾燥肌の角質は、水分が少ないがためにドンドン硬く厚くなっていきます。これが毛穴を塞ぎ、毛穴の中の皮脂が上手く排出できず、毛穴につまってしまうのですね。

ニキビは乾燥肌の人にもできる

ですが、乾燥肌ですから保湿を十分に行えば良いだけかというと、そうでもありません。

やはり、乾燥肌には乾燥肌なりのニキビ対策というものが必要になってくるのです。

むやみな保湿や、ニキビ専用スキンケアの乱用は、余計に乾燥肌やニキビを悪化させてしまうだけですので、自己流ケアは行わないようにし、適切なケアを施してあげることが急務となります。

広告