広告

ニキビに消毒と抗炎症

ニキビに消毒と抗炎症

にきびには消毒するのが良いと思い、 抗炎症の作用があるアイテムより、 マキロンなどの消毒薬を塗布した事がある人は、結構多いのではないでしょうか。

傷口に消毒薬を塗るように、出来たところに塗ることで、 アクネ菌も死滅させられるのではないかという発想ですよね。

消毒をするにしても、 抗炎症の作用があるアイテムを選ばない事には逆効果になってしまう事もありますよ。 アクネ菌を殺したいのは分かりますが・・・。

抗炎症の作用があるものと違い、消毒に良いとされるマキロンなどのエタノールが主体となっているものは、 殺菌と同時に皮脂も水分も飛ばしてしまいます。

これでは、皮膚の状態は悪化するばかり。余計に肌荒れを引き起こしてしまいます。 皮向けが見られるので、治りそうな気がしますが今すぐ辞めるべきです。

にきびには消毒よりも抗炎症作用があるものを!

ですから抗炎症作用のあるものをお使いいただく事をおすすめします。 消毒剤より、抗炎症の作用があるものの方が断然お勧めです。

抗炎症ではなくまるっきりの消毒剤など、 アイテム選びを間違う事でにきびを悪化させる事もありますので、 充分な注意がひつようですね。 

化粧品とオイリー肌

オイリー肌のために、化粧品がたくさん用意されています。特に男性用化粧品でよく見かけますね。すっきり爽快。アブラゼロ!確かに気持ちが良さそうです。

べたべたしたお肌ですから、肌質専用の化粧品でスッキリしたい気持ちはよくわかります。でも、ちょっと待ってください。

スッキリ感を目指した化粧品は、使い方を誤ると、余計に皮脂を分泌させる結果を招きますので注意が必要です。

脂性肌対応の化粧品には、大抵アルコールが配合されています。エタノールと表記されていることもあります。また、皮脂を吸着する成分もたっぷりです。

オイリー肌の化粧品は使い方を誤ると逆効果

これは、スキンケア用の化粧品だけではなく、メイクアップ用品にも多量に使用されていることがありますので気をつけましょう。

強い洗浄成分の洗顔料などは、お肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいますので、洗い方にもひと工夫が必要です。「とにかく強くこすらない」などのテクニックを知りましょう。

オイリー肌だからといって、特別にそろえたほうが良い化粧品などありません。それよりも、肌質を脱出するためのスキンケアを行うほうが何倍も良いとはおもいませんか?

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする