ニキビ跡

ニキビ跡

ニキビ跡はどうしたら早く治せるのでしょうか。頬に赤く散らばったニキビ跡やクレータのところが黒ずんでしまって悩んでいる方には、皮膚科などでの治療の前に、肌のケアをお勧めします。

ニキビができやすいからといって、すぐにつぶしたりしていませんか。腫れて赤くなってきたら、ガマンが必要です。

ニキビ跡は普通に肌の手入れをしていれば、徐々にだんだん目立たなくなっていきます。でも、それまでには時間がかかります。

ニキビ跡が消えたと自慢している方がいたら、日焼けしているかどうかを確かめてあげてください。「にきび跡が消えた」のではなく「にきび跡が目立たなくなった」だけです。

ニキビ跡を消すには、飲み薬や軟膏薬、ピーリング、レーザー治療などいくつかの治療方法があります。薬が肌にあっているか、レーザー治療は何回くらい受けなければいけないのかなど、必要なことを調べておきましょう。

ニキビ跡をきれいにする対処法はできるところから地道に取り組みましょう。美白効果のある化粧水やビタミン配合のや美容液を使用したり、化粧水のシートパックをしたりして、ニキビ跡のケアをします。この努力がニキビのできにくい肌質へと改善してくれるはすです。

ティートゥリーのニキビ治療

ニキビとティートゥリーは、昔からよく見る仲良しペアですね。さわやかな香りの原液を、化膿した部分に塗るという話はよく聞きます。

ティートゥリーは、ラベンダーなどと同じで精油の一種。殺菌能力に長けているので、風邪や水虫にも効果があるとされています。

ティートゥリーに殺菌作用があることから、加齢臭にも良いとのことですよ。気になる部分にスリスリすると、部屋の臭いが消えるそうです。

ただ、肌が弱い人はティートゥリーの原液を塗ることは避けましょう。ヒリヒリする事もよくありますので、慎重に使用することが大切ですね。

ニキビとティートゥリーは、とてもよい関係だと思うのですが、やはりこれは「お守り」のような位置に存在すると認識してくださいね。

あなたの毎日がめちゃくちゃだったり、自己流の健康法(と思っていたら、肌に悪い事を続けていた)などですと、いくらティートゥリーがあっても悩みは一生消えませんよね。

例えば、野菜だけ頑張って食べても意味がないように、貴方の肌質に合う食材というものも存在するのです。本当は鶏肉を食べなきゃいけない体質なのに、にきびに良くないからと魚を食べていたり・・・。

ティートゥリーは、ついうっかり暴食してしまった後のニキビに使うとして、慢性的な肌荒れからの脱却には、やはり根本的な自分自身の行動を改める必要があると覚えておきましょう。

ティートゥリーの力は凄いですけど、根本的な完治までは面倒見切れないそうですよ。あなた自身で、自分の肌の面倒をしっかり見てあげましょうね。

広告